上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 新たに顧問契約をしたクラアントの処理が今週全く進んでいなかったので今日は事務所で黙々と入力作業。
 
このクラアントは昨年個人事業から法人成したばかり。
会計の知識もありません。

その為会計事務所の指導の元、弥生会計で社長が経理処理を入力していたとのこと。
色々顧問会計事務所に不満があってウチに来た訳ですが・・・。

会計処理は社長が忙しすぎて貯めてしまっているので取敢えず7月までこちらで処理をして後は社長に経理をしてもらう契約にしました。

しかし弥生会計のデータを見て意味不明な処理が・・・。

なぜかP/L科目の仕入、通信費、消耗品費等殆どすべての科目ことごとく補助科目が付いている。

仕訳にすると

  食材仕入・モリスーパー 500 / 現金 500

  消耗品費・シブヤ電気 100/ 現金 100

勿論PCで売掛金や買掛金などを管理する場合や内訳書を作るP/L科目は補助科目で管理しますが、スーパーで仕入れた食材仕入や電気屋で買った消耗品に補助を取る必要性はあるのでしょうか。理解に苦しみます。

勿論社長には罪はありません。会計事務所の責任でしょう。

社長が細かく分けたいと主張しても会計事務所は普通、意味ないから辞めなって指導するでしょう?

仮に1年間にスーパーからいくら仕入れたを測定しても何の効果も得られません。
小規模会社が年間仕入高を元にスーパーに仕入割引の交渉なんて出来ないでしょうし。
小規模な会社の場合、科目を細かく分けるより大雑把に少ない科目で処理をすることをお勧めしています。イエロー2

コントロールできない費用を細かく測定するのは意味の無いことだからです。

小規模会社の販管費は気分的には5つぐらいの勘定科目で処理したいところですが・・・さすがに無理ですね。^^v

わかり易く簡単に経理処理をして、早く数字を掴みその節約できた時間はゆっくり休んでた方が心と体に良いはずです。

細かく処理しすぎて会計処理を貯めてしまうなんて本末転倒。

多くの小規模会社の社長は休む暇なく働いていらっしゃいます。ちなみにこの会社の社長も同じような状態。

社長に会計と数字を好きになってもらうには簡単でわかり易くが一番です。それが会計事務所の仕事の1つだと思いますが。


sc06 ブログランキングに参加しています。
ポチッとお願いします。  
  ↓
banner_01.gif


にほんブログ村 士業ブログへ







スポンサーサイト
2007.08.25 Sat l お仕事 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

はじめまして
突然ですが、もし、さしつかえなければ、
私のサイトに、あなた様の
ブログを登録していただけないでしょうか。
ランキングを楽しんだり、
さまざまなブログを拝見したり、
ブログライフの引き出しとして、
お願いできないでしょうか。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
是非、御願いします。

2007.08.26 Sun l magazinn55. URL l 編集
登録しましたよ。
ただしパチンコは全くやらないので分かりませんが。
2007.08.26 Sun l 渋谷サクラの丘の開業税理士. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://moriaccounting.blog98.fc2.com/tb.php/120-dbc92f0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。