上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
クライアントにNOVAにお勤めの外国人に部屋を貸している方がいます。

外国人講師の方々の多くは短期的に日本に滞在している方。

殆ど数ヵ月、1,2年で本国に戻って行く。

その為住む所はNOVAが契約し、家賃は講師自らが支払う場合が一般的。

「一般的」と断定的に書いてるが「一般的だと思う」が正解か。

クラアントではそうなっているからからこの際断定してしまうが。

都内では結構古いアパートに短期滞在型の外国人が多く暮しています。

古いアパートは中々貸し辛い。

日本人で迂闊に貸すと所得が安定しない人が多かったりして未収になり易い。

意外と外国人の方がしっかり払ってくれるとこのクラアントは仰っていた。

しかしである。

上場企業であるNOVAとの契約で安心していたが実はそうでもなかったみたいだ和む

NOVAの支援先がすぐに見つかても、不採算の教室は大幅に閉鎖するだろう。

このクラアントも影響を受ける可能性大であるガビョーン

NOVAにお勤めの外国人が居なくなってはクライアントは空き室をどう貸して行くか・・・。


この際いっそ建て替えでも提案してみるか?

ブログランキングに参加しています。
ポチッとお願いします。  
  ↓
banner_01.gif


にほんブログ村 士業ブログへ





スポンサーサイト
2007.10.27 Sat l お仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://moriaccounting.blog98.fc2.com/tb.php/162-db0403cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。