上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 GW明けにあった税務調査の立ち会いもほぼ問題なく終了


この会社は10年振りの税務調査


毎年利益を出している健全な会社なので、3から5年に1度の税務調査があってもおかしくはないのですが・・


一般的には5年に1度は税務調査があると言われていますが実際はそうでも無い。


売上が少なく赤字経営でも税務職員の新人教育のため?に定期的に税務調査が行われる会社もあれ


ば、そこそこの年商で毎期利益が出る会社でも10年以上調査が無い場合もあります。



この会社は、それなりにしっかりした会社なので調査入ってもほとんど問題なし!


ただ、世の中には色々な会社がありますので10年も税務調査が入らないと公私混同が激しくなる場合があります。


数年に1度、税務調査が入ることによって社長の考え方も程よく納税意識が高まります。



3年に1度税務調査が入るのは入りすぎな感じですが、5年に1度ぐらいは調査があった方が会社の


経理も健全になるでしょう。


社長の個人的な支払いを会社の経費とする公私混同も無くなって税務調査で余分な税金うことも無く


なります。


いずれにしても後々、税務調査で問題にならないように日々の経理処理をしっかりしておくのが重


要です。


ポチッとお願いします。  
  ↓
banner_01.gif


にほんブログ村 士業ブログへ








スポンサーサイト
2008.05.12 Mon l お仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://moriaccounting.blog98.fc2.com/tb.php/188-6fb23c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。