上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 昨日は雨の中、資産税で有名な税理士法人Tの講師による「種類株式利用の中小企業の事業承継対策セミナー」に参加してきました。

かなりの数の参加者で関心の高さが伺えました。

今さらですが種類株式とは普通株式の例外です。

普通株式は①剰余金を受ける権利②残余財産の分配を受ける権利③株主総会における議決権 について株主は所有する株式数に応じて平等に権利を有します。

種類株式は普通株式のこれらの権利を制限できるので、中小企業にとって円滑な事業承継や株価引き下げによる相続対策に使えるという期待が持たれています。

一番の関心は種類株式の概要を聞くということよりもTではどの程度種類株式を使って相続対策をしているのかでしたが、かなりの事例をこなしているはずのTでもまだ国税当局の動きを見極めてからという感じでしたね。

昨日のセミナーの話では種類株式を使った株価の評価減にはかなり慎重な態度でした。(実際はわかりませんが・・・)

種類株式は円滑な事業承継には有効なので定款変更とセットで有効な活用を考えましょう。


ポチッとお願いします。  
  ↓
banner_01.gif


にほんブログ村 士業ブログへ



スポンサーサイト
2008.06.04 Wed l お仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://moriaccounting.blog98.fc2.com/tb.php/191-e70af833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。