上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 東京も本格的に真夏の気温になってかなり外出には厳しい季節になってきました。

クライアント先への移動は電車+徒歩。

新宿や渋谷など繁華街は特に暑くてきびし~い。

まあ、暑いのは耐えられますが構造不況で耐えられない建設業界は益々厳しい状況になっています。

建設関係のクライアントが先々月、不渡り手形を掴まされて資金繰りの為「中小企業倒産防止共済制度」で借り入れをしました。

今、不渡り・倒産による貸倒でこの倒産防止共済への借入申請が激増中らしい。 

以前なら申請してすぐ融資が実行されたのですが現在は申請が多すぎて順番待ちの状況らしい。

それでも、この制度の要件に合致していれば民間の金融機関よりは素早く資金が調達できるので倒産が多い建設業などの会社は加入した方が良い制度でしょう。

制度の概要は、「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」が行っているもので、毎月一定金額を積み立てると取引先の倒産等があった場合には積立額の10倍までの融資が受けられる制度です。

掛け金は損金になりますし、掛け捨てでは無いので一定期間掛けていれば掛け金が全額戻ってきます。

積極投資のイケイケの会社でもリスク管理の意味で後ろ向きな対策は必ず必要です。

ポチッとお願いします。  
  ↓
banner_01.gif


にほんブログ村 士業ブログへ



スポンサーサイト
2008.07.13 Sun l お仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://moriaccounting.blog98.fc2.com/tb.php/195-4125a0ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。