上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
書式ナビにこんな記事書きました →  書式ナビ


お時間があればご覧ください。


明日から税理士試験ですね。

事務所スタッフも先週から休みとって試験に集中しております。

開業税理士になって税理士制度や税理士業界のことを色々考えるようになりましたが、受験生時代は早く資格を取りたい!!の一心でした。

「早く受かりたい」

「早くあがりたい」

その一心

開業すると今度は別の意味で大変ですけどね。

税理士を取り巻く環境も日々変化していますが、会計士リストラに関する記事も報道されています。

新日本監査法人、会計士ら早期退職者400人募集( 日経新聞7月25日) 

監査法人で国内最大手の新日本監査法人は、所属する公認会計士と会計士試験合格者を対象に400人の早期希望退職を実施する方針を固めた。2008年秋のリーマン・ショック以降、外資系企業の相次ぐ日本撤退などで収入が落ち込んでいる。大手監査法人が数百人規模の希望退職者を募るのは珍しい。

9月末にかけて募集する。対象は金融部など一部の部署や若手を除く会計士と会計士試験合格者約4800人。応募者には面談を経て原則10月末までに退職してもらう。基本給の6~10カ月分にあたる割増退職金を支払うほか、再就職支援も実施するという。

関係者によると早期退職募集に先立ち、パートナーと呼ばれるベテラン会計士や企業の監査を直接手がけない事務職員の早期退職も実施した。

監査法人は金融危機後の景気低迷で収益が低迷した。会計士試験合格者の採用を絞り込んだため「就職浪人」が増える一因となっていた。監査法人の経営悪化は金融庁が進めている公認会計士試験制度の見直し作業にも影響を与えそうだ。

以上 日経新聞引用

リストラされた会計士の方々中には税理士登録して開業税理士になる者もいることでしょう。

あまりに税理士が増えると仕事のパイの奪い合いになると考える方もいるかもしれません。

しかし、税理士としてしっかり仕事してれば十分開業してやっていけると思います。

ネット掲示板などでは税理士業界の将来について否定的な意見もありますが、税理士試験合格を目指す方は周りに惑わされないで合格を勝ち取って下さい。

ポチッとお願いします。  
  ↓
banner_01.gif


にほんブログ村 士業ブログへ
スポンサーサイト
2010.07.31 Sat l お仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://moriaccounting.blog98.fc2.com/tb.php/250-9a74c687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。